レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷

アクセスカウンタ

zoom RSS 瞼、目、の手術の失敗の、傷痕は、再度の手術で治すことはできない。

<<   作成日時 : 2018/04/14 04:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0






















山本クリニック世田谷,の公式ホームページ

形成外科の公式ホームページ
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療

東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識
そして
東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板


東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ

山本クリニック世田谷
























上眼嶮手術の傷痕で悩む。眼嶮まぶたレーザーで、名医で有名な山本クリニック世田谷、東京都、から本物のレーザーを受けたい。暖かい、山本クリニック 世田谷、東京都、の治療を受けたい。決断致しました。54歳女。北海道在住。北海道から週一回通院可能です。









------------------------------

1・
「上まぶた1センチくらいのところから横に5ミリ切開して
脂肪と筋肉をとってしまい、その部分が全体的に凹んで、
しかも中奥に表のまぶたが癒着してくぼんでいます。」
2・

「上まぶたの皮膚が
奥の瞼板と挙筋に癒着していて、二重になっています。
その癒着をはがし、瞼板とまぶたの間にとってしまった
脂肪を増やし、二重を一重にすることはレーザーで可能でしょうか?」

------------------------------



「2つの「症状・症候」」の改善は
「超高性能Qスイッチレーザー光照射装置」による
「laser rejuvenation:レーザー・リジャビュネーション」=
「レーザー・リサーフエシング」
で可能であると考えます。


また。

御相談者の御相談内容要旨御記載の
「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが
「上眼嶮(うわまぶた)」の「症状・症候」は。

「組織欠損の「症状・症候」」ですが
「超精密機械」である「上眼嶮(うわまぶた)」
(「上眼嶮(うわまぶた)」も「下眼嶮(したまぶた)」もそうですが)
の解剖学を深く理解されて施術をされるようであれば。

=>

「再び「全切開法」で今度は脂肪を注入(移植)」とは
到底考えられないはずです。






















山本クリニック世田谷,の公式ホームページ

形成外科の公式ホームページ
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療

東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識
そして
東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板


東京都にある,世田谷の,山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ

山本クリニック世田谷




































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
瞼、目、の手術の失敗の、傷痕は、再度の手術で治すことはできない。 レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる