アクセスカウンタ

レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷

プロフィール

ブログ名
レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷
ブログ紹介
山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都は
レーザー・レーザー治療・レーザー外科が専門です。
高度先進医療の「高度先進医療機器」である。
ハードレーザー光照射装置を駆使して。
超高性能Qスイッチレーザー光照射装置を駆使して。
東京 都 世田谷 区 山本クリニック美容外科の山本博昭 院長
自らがていねいに確実にレーザー光照射を行います。
専用駐車場P15台。院内にあり。
看護師8名・医療事務3名です。
「アットホーム」な高度先進医療の美容外科です。
help RSS

酒さレーザー治療で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷にレーザー治療御願い致します。兵庫・52歳女

2014/07/29 04:25
世田谷区 山本クリニック 世田谷 東京都の公式ホームページ

世田谷区 山本クリニック 世田谷 美容外科 東京都のレーザー治療
世田谷区 山本クリニック 世田谷 レーザー治療

世田谷区 山本クリニック世田谷 レーザーの知識
そして
世田谷区 山本クリニック 世田谷の酒さのレーザー治療相談掲示板

世田谷区 山本クリニック 世田谷の酒さレーザー治療のホームページ












酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。
相談者:匿名希望 年齢:52 性別:女性 地域:兵庫県 2014/02/09 (日)13:55:16
52歳女、兵庫在住。

http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html
酒さの両側の頬のはり感とあつい感じの熱感。 酒さレーザー治療で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷にレーザー治療御願い致します。兵庫・52歳女。
酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。 酒さのレーザー治療で有名な世田谷区 山本クリニック 世田谷 にレーザー治療御願い致します。兵庫から週一回通院到します。52歳女。

酒さ:しゅさの患者さんには、「肩こり・頸こり・背中こり」に加えて、たえられない頬のほてり、ゾワゾワ、熱い、腫れた感じ、の「感覚障害・知覚障害」がきます。

レーザー治療、美容外科
酒さ レーザー治療
こどものころから
両側の頬があかかったです。


4年ほど前に、両側の頬のはり感、はれ感が
ではじめて発症致しました。
もとよりほほやこめかみが赤かったです。

市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。
そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで
両側の頬のい上部に、
すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー
でいたしました。あまりよくとれません。

これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように
なりました。

あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、
両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。
また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。

首をしたにむけているたり、
つかれて横になると、症状はつよくなり
はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。



実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも
感じます。

これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。

冷やしてもどうにもなりません。

このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。

酒さによる頬のはり感、はれ感、熱感、もぞもぞ感のレーザー治療
で名医で口コミの、
世田谷区 山本クリニック美容外科・世田谷にレーザー治療御願いしたいのです。



兵庫より毎週1回可能で御座います。
相談掲示板にかかれた山本クリニック世田谷の山本先生の御回答
はすべからく読ませていただいております。

何卒に、よろしく御願い致します。

 
この相談への個別リンクは
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123
です。



同じく兵庫からの「御婦人」の相談で
【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
という御相談が御座います。
ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。






これは大変難しい「御説明」を必要である「御相談」です。
ですから今回は、極めて簡単に「御回答」をいたします。

なぜならば
「海綿静脈洞:cavernous sinus」という「解剖学的構造物」の御説明を
しなければいけなくなるからです。

(まず海綿静脈洞とは、頭蓋に入ってすぐ
、眼の真後ろのあたりの頭蓋骨内に内頸動脈を囲むように存在する
、海綿状の静脈機能を持った部位です。
ちなみにここに腫瘍が発生するとこれらの神経が障害され,
物が二重に見える、目の奥の痛みなどの症状が現れます。
この部位は特に手術が非常に難しく、眼球運動障害等の合併症を生じやすいのが特徴です。)

この「海綿静脈洞:cavernous sinus」に隣接して、「三叉神経の塊=節」
ガッセル神経節 - Gasserian ganglion, Gasser's ganglion (半月神経節 Semi lunar ganglion)
という神経節があり、この「解剖学的構造物」の御説明を
しなければいけなくなるからです。


=>


「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」の
「このような頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。」
という「御相談」は、「レーザー光照射」が始まってから
施術中におはなししていきたいと存じます。




さて
御相談者が典型的な「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
であることは間違いありません。

「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。」との事です。

10年前は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断すら本邦
ではできなかったのです。

たいていは、脂漏性皮膚炎、接触皮膚炎・などといわれていました。

今現在は、「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という診断はたっても。
「頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感はなぜ
おこるのでしょう。
同時に目が痛くなることもあります。目が赤くなります。
まぶたはさがるようになります。
喉の痛みのような違和感があります。」というような

とりわけ「頬酒さ:ほほしゅさ:cheek rosacea:チーク・ロザケア」
に特有な「感覚障害・知覚障害」のような
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に付随する事象に関しては。

=>

「副症状」に関しては、
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を専門とされない
「レーザーの先生」では、まだ御理解できておらず、説明はまったく不可能です。








------------------------------

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の方は
皮膚が極めて俗にいう「敏感肌」です。

また「肩こり・頸こり・背中こり」をお持ちになられています。
酒さ性角膜炎、酒さ性結膜炎をおもちです。


そして「あまり水分をおとりになりません」。

さらに
また「「上気道感染」(「咽頭炎」・「喉頭炎」・「副鼻腔炎」など)」の反復を
されていますが「御自覚症状」としては築かれていません。

過去歴に、「Qスイッチ」のついていない 「パルスレーザー」=「熱レーザー「レーザー光照射装置」」
の照射既往のあるかたが多いものです。

また、「皮膚」を密閉するような、「・・軟膏」という
外用薬を、「なぜ必要なのか」という「御説明」なく
もちいられている「御既往」があります。


吹き出物=「毛包炎:もうほうえん」を、[座瘡:「にきび」と
まちがわれていることが大部分です。


-------------------------------



「市内の4つの皮膚科で酒さと診断されました。
そして3年ほど前に、その中の皮膚科のひとつで
両側の頬のい上部に、
すすめられてシミのレーザー治療を3種類のレーザー
でいたしました。あまりよくとれません。」
との事です。
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」としんだんされているのに
なぜにシミ=「メラニン色素系の「病態」」の治療がされるのでしょう。



すべからくを「省略」させていただきます。
何卒に「御理解」ください。






「これから半年して両側の頬の、熱感で苦しむように
なりました。

あかいのもいやなのですが、よりとても辛いのは、
両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感なのです。
また赤みが強くなったり弱くなったりはじまります。

首をしたにむけているたり、
つかれて横になると、症状はつよくなり
はり感、はれ感とあつい感じの熱感が強くなります。



実際頬にさわると、熱く、そして張ったいるようにも
感じます。

これらの酒さの感覚障害・知覚障害で苦しんでいます。」という
「症状・症候」を、治す為には

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、1回数(日)に20000「ショット数」での
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」
でおこなわれるのがベストです。

赤くなりません・腫れません・痛くありません。
御婦人のお顔であれば「レーザー光照射」直後から「化粧」が可能です。



QスイッチNd・YAGレーザーにより、
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に固有の
「酒さコード:しゅさコード:rosacea cord:ロザケア・コード」の照射
ほ基本として。

さらに、
下記の通りである三叉神経の枝の
一部あるいは全部に近くを

「レーザー光照射」しなくてはなりません。

-------------------------------
三叉神経の枝

眼神経 鼻毛様体神経 毛様体神経節との交通枝
後篩骨神経
長毛様体神経
滑車下神経
前篩骨神経

涙腺神経
前頭神経 滑車上神経
眼窩上神経


上顎神経 頬骨神経 頬骨側頭枝
頬骨顔面枝

眼窩下神経
上歯槽神経
翼口蓋神経節 鼻口蓋神経
大口蓋神経
小口蓋神経
翼突管神経


下顎神経 深側頭神経
外側翼突筋神経
内側翼突筋神経
咬筋神経
口蓋帆張筋神経
鼓膜張筋神経
耳介側頭神経
頬神経
舌神経
下歯槽神経 顎舌骨筋神経
下歯槽神経
オトガイ神経
-------------------------------

領域のすべからくの神経を
QスイッチNd−YAGレーザー装置(ネオジミウム・ヤグ・レーザー)装置で
「レーザー光照射」をしていく必要があるのです。
そしてこの「レーザー光照射」は極めて難易度のたかい
「テクニック」を必要と致します。




なおちなみに
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」
ができていないうちに
上記神経の、ペインクリニックなどされると
リバウンドで大変なことになります。

もとより
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の「治療戦略」」での
段階での「まちがい」があると、

御相談者御自身のような「症状・症候」は「なにがなんだかわからなく」
なってしまいます。










結論:
「症状・症候」を、治す為には

「QスイッチNd・YAGレーザー(Qスイッチ・ネオジミウム・ヤグ・レーザー)」
による、1回数(日)に20000「ショット数」での
「照射回(日)は週一回(日)のペース」=「golden pace:ゴールデン・ペース」=「4分の1「皮膚のターンオーバー」
でおこなわればなりません。




なお同じく兵庫からの「御婦人」の相談で
【120】 題名:悩みは、顔が赤くなること。 酒さの第2度と診断
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=120
という御相談が御座います。
ぜひ御参考になと存じますのでおよみいただけますか。


とりあえずに第一報としての御回答を致します。







http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci
http://www5b.biglobe.ne.jp/~mddmsci/3-laser.html


この相談への個別リンクは
http://www.clinicayamamoto.com/list_single_B.php?s_no=123
です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷 /BIGLOBEウェブリブログ