レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷

アクセスカウンタ

zoom RSS 酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。

<<   作成日時 : 2018/05/14 04:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

















東京世田谷の山本クリニック世田谷,の公式ホームページ

山本クリニック世田谷,形成外科の公式ホームページ
山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療

東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識
そして
東京世田谷の山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板


東京世田谷の山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ

東京世田谷の山本クリニック世田谷,











赤ら顔・酒さ,のレーザー治療の,権威,名医で有名な,美容整形,の東京都の,山本クリニック世田谷。

赤ら顔・酒さのレーザー治療,で名医で有名な、美容整形,の東京都にある,山本クリニック世田谷,にレーザー治療を御願い致します。

酒さ,の患者さんを、レーザー治療,できる,美容外科医師は日本で2-3人しか,いないのです。

酒さ,の,患者さんは、偽りの外用薬広告には,御注意下さい。ひたすら悪化するのみです。

プロトピック軟膏は、ステロイドと全く同じ。酒さ様皮膚炎をおこします。

赤ら顔・酒さ,で,美容外科医院で,レーザの選択ミスは深刻。だから、酒さのレーザーは,信頼の,東京都,山本クリニック世田谷,に御願い致します。



美容外科クリニックでの,レーザー,の取り違え。怖い,選択ミス?。

美容外科クリニックでの,赤ら顔・酒さの患者に,レーザー,の選択ミス?。

美容外科クリニックでの赤ら顔・酒さの患者に対するレーザー光照射装置の選択ミスについて。


美容外科クリニックでの赤ら顔・酒さの患者に対するレーザーの選択ミス。



美容外科クリニックでの,酒さ,の患者に対するレーザーの選択ミスは深刻です。信頼の,東京都の,山本クリニック世田谷,に御願い致します。


美容外科医院で,レーザーの選択ミスは深刻。酒さのレーザーは,信頼の,東京都の,山本クリニック世田谷,に御願い致します。


美容外科医院で,レーザの選択ミスは深刻。酒さのレーザーは,信頼の,東京都の,山本クリニック世田谷,に御願い致します。


美容外科での,レーザの選択ミスは深刻。酒さのレーザーは,信頼の,東京都にある,山本クリニック世田谷,に御願い致します。


美容外科での,レーザの取違えミスは深刻。酒さのレーザーは,信頼の,東京都の,山本クリニック世田谷,に御願い致します。

赤ら顔・酒さの間違った治療法。酒さのレーザーは,信頼の,東京都にある,山本クリニック世田谷,に御願い致します。


赤ら顔・酒さの間違った治療法。とりわけ美容外科クリニックでの赤ら顔・酒さの患者に対するレーザー光照射装置の
選択ミスについて。赤ら顔・酒さの酒さ専門医でレーザー専門の,東京都にある,山本クリニック世田谷,に御願い致します。









生まれつきの赤ら顔です。
皮膚表面に血管の筋が見えるような感じではありませんが全体的に常に赤くなってる状態です。
以前にI2PLをしましたが効果がなく赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。
ネットで色々調べた情報ですがVビームよりダイレーザーの方が効果がある(内出血するくらい血管に
影響を与えないと治らない)と効いたのですがどうなのでしょうか。
お手数ですがご返答お願いします。
 






まずとても重要なことは。
御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」から「病態」の
診断をすることです。
(どのような病気であるかを診断することです。)

そして
御相談者の御相談内容要旨御記載の「症状・症候」の「病態」の
「治療戦略」と「治療戦略の方法」を考えるべきでしょう。

「赤ら顔」は「症状・症候」です。

「赤ら顔」という「症状・症候」になんらかの治療の方法を
考えられてもあくまでも「対症療法」であるということです。

「危険=リスク」なだけであり。
「対症療法」をおこなうよいうことは本物の「病態」は治さない
ということですから。

あたりまえのことですが「症状・症候」は一時的に緩和されても
かならずや「再発」致します。
これはあたりまえのことです。




「内科専門医先生」或は「一般外科専門医先生」の場合には
元来「本当の「病態」」がわかっていても
「根治療法」が不可能な「がん」や
手術の困難な部位に「病変」がある場合は
「対症療法」のやむなきに到りますが。
「本物の「病態」」はつかまっているから
「危険=リスク」はいちじるしくすくないです。






一方「皮膚科専門医先生」の「病態」の多くはは「症状・症候」が
患者さんには
「御自分」でも見えますから。
「してはいけない」「自己診断」をされるかたが少なくはありません。
そして「御自分」で「安易な施術の御願い」をされると
とりかえしのつかにことになります







 
「 生まれつきの赤ら顔です。」との事です。
けれども
「生まれつき」の「赤ら顔」」が「生まれつき」であれば
乳幼児の「検診」でひっかるはずです。

御相談者の御相談内容要旨御記載からは
「生まれつき」がいつからかは判断できませんが。


この「病態」は
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」という「病態」の
「症状・症候」です。
御相談者の「赤ら顔」は「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
です。
(「酒さ」はお酒の「酒」の文字がはいりますが
なんらお酒とは関連がありません)


ご年齢からすると。
そして「御婦人」であれば「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
という「言葉」は多くのかたは
もうしっていらっしゃいます。


「以前にI2PLをしましたが効果がなく
赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。」
=>
「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」ぼ「photo-therapy:フオト・セラピー」
をおこなっても「全く「効果」が有りません。」。
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」
自体は「物理療法」=「いわゆる「物療:ぶつりょう」」の機器ですから
「リハビリテーション」に元来用いられるものです。

数年前の「日本皮膚科学会総会」で
「IPL(Intense Pulsed Light);インテンス・パルスド・ライト」=
「強力なパルス光」による
「photo-therapy:フオト・セラピー」は「皮膚=表皮+真皮」の
「病態」に全く「効果」がない
と「結論」がもうすでにでています。

そして。
そのときの「photo-therapy:フオト・セラピー」の講演を
された先生方も「だまされて買った」と述懐されていらっしゃいました。


「赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金」
という「御相談」はあまりにも「短絡的」です。


「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
との事です。

「Vビームレーザー」と「色素レーザー;ダイレーザー」は
全く同じです。
「色素レーザー;ダイレーザー」で「合衆国USA」の
「キャンディラ社:Candela Co・」でつくられた
商品名が「Vビームレーザー」であるだけのことです。

「キャンディラ社:Candela Co・」の「キャンディラ:Candela」は
「カンテラ」或は「ろうそく」という意味です。
或は「光」の強さの単位です(キャンディラ:Candela)。

「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある」
との事です。
「Vビームレーザー」は正確には
「キャンディラ社:Candela Co・SPTL-1b」ですが。

「Vビームレーザー」=「キャンディラ社:Candela Co・SPTL-1b」も
「色素レーザー;ダイレーザー」の一種であり
「Vビームレーザー」と「色素レーザー;ダイレーザー」は
全く「同じ「波長;ラムダ:λ」」の「レーザー光照射装置」
です。

「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある」
という
御相談者の御相談内容要旨御記載は。
「ネットで色々調べた情報ですが
「チキン」よりも「鶏肉」の方が効果がある」
とおっしゃられていることと「全く同じもの」
です。

-------------------------------
しいていえば
「Vビームレーザー」は「色素レーザー;ダイレーザー」
で「ショット時間」=「パルス幅」を
かえられるという特徴があります。

そして
「Vビームレーザー」も
「色素レーザー;ダイレーザー」も。

「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」
であるということです。

「赤ら顔」ではなくて
「あかちゃん」の「イチゴ状血管腫」などの
「血管腫」に用いられる
「レーザー光照射装置」です。
-------------------------------

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」を
「血管腫」と間違われて
「Vビームレーザー」や「色素レーザー;ダイレーザー」
の「レーザー光照射」をされると大変なことになります。

「皮下内出血」を起します。



「ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
との事です。


これはとんでもない「瑕疵:かし」或は間違い
です。

「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」の患者さん

「Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と・略・」を行えば。


適切な表現が思い浮かばないのですが
「明らかな医療過誤」になります。



「Vビームレーザー」は「血管を縮めるレーザー」ではありません。
「Vビームレーザー」自体が「血管腫」の血管になんら作用するわけではないのです。
標的は「赤血球=「赤い」」です。

「毛細血管」の中を流れる「あかい」「赤血球」を「破壊したエネルギー」で
「毛細血管」の壁」を「破壊」する機能をもつものが
「「血管腫」の「レーザー光照射装置」」による
「「血管腫」の「レーザー光照射」」です。

よく間違われますが。「Vビームレーザー」は・「あからがお」などの
「赤み」には元来「効果」はないのです。

「血管腫」という「病態」に用いられる
「レーザー光照射装置」なのです。



「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
「赤ら顔」から「血管腫」とよく間違われます。
このことは肝に銘じて何卒に御銘記下さいませ。


「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」は
海外留学の御経験がないとまず「診断戦略」もたちません。
またよって「治療戦略」もたちません。



この「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」に関しましては
「この下」の御相談者も「酒さ:しゅさ:rosacea:ロザケア」
の御相談ですが。

また
「以前にI2PLをしましたが効果がなく
赤ら顔に効くレーザー機器の種類と料金を教えて頂きたいです。

ネットで色々調べた情報ですが
Vビームよりダイレーザーの方が効果がある
(内出血するくらい血管に影響を与えないと治らない)
と効いたのですがどうなのでしょうか。」
の御相談者の御相談内容要旨御記載に対する
御回答としては
是非下記の「過去の御相談と御回答」を御参照頂けますか。


「「Vビームレーザー」で「赤ら顔」は本当に治せるでしょうか。
「Vビームレーザー」は悪い評判が聞こえてきます。」
というような御相談者もいらっしゃいます。














東京世田谷の山本クリニック世田谷,の公式ホームページ

山本クリニック世田谷,形成外科の公式ホームページ
山本クリニック、世田谷、東京都、のレーザー治療
東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザー治療

東京世田谷の山本クリニック世田谷,のレーザーの知識
そして
東京世田谷の山本クリニック世田谷,の酒さのレーザー治療相談掲示板


東京世田谷の山本クリニック世田谷,の酒さレーザー治療のホームページ

東京世田谷の山本クリニック世田谷,






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
酒さです。両側の頬のはり感、はれ感とあつい感じの熱感。  レーザー治療と美容外科の山本クリニック 世田谷 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる